いつのご時世も現れる暴行苦痛について考えてみました

子供達や大人まで「DV」や「いじめ」「セクハラ」を理由に自己生を絶つ人類が後を絶ちません。
自己にとってはそれが「生を絶つ」ほどの理由であったかと思いますが、それにしても本当に勿体無いとたえず思います。それぞれを含め生きとし生けるものは一部始終どうしても「死」がやってきます。当然自分たちはこの世の中で一番レベルの叡智を持つ「それぞれ」として出来上がり、しかも世界の取り分け、裕福で治安のよい「全国」に生まれていらっしゃる。これだけでも「驚き」であると実感しなければならないのに、皮肉皮肉やありもしないでっち上げでのDVなどに脳裏を傷め、もうすぐ「自己死を」選択して仕舞う。確かに精神的にせっぱ詰まると、こうした行為を選択してしまうが、それほど想う前に考えてほしいことがあります。それは「生きたくても生きられない人達」がいる事件、そして「必死に生きていこう」としている人類も沢山いることです。具体的には「疾病」に冒されている人類、争いけんか場で生きている人達、貧困に考え込む人達、難病で身体的な引け目がある人類、その他数え切れない多くの「恵まれていない」人類が頑張って生きてある。そんな人達を取り上げたドキュメントプログラムを見て、自分の立場と比べてほしいとたえず思います。セミナーの分野も前提プログラム(倫理)としてこのようなプログラムを流せばどうしても効果があると個人的には思っています。「DV」は駆除できません。社会に出てもDVはどこにでも存在します。大事なのはそのDVに耐えられるか、または打ち勝つか、あるいは逃げ出せるか、ということです。DVに屈して「死」を選ぶという代わりは「被害」です。ボルサリーノの帽子|パナマハット・フェルトハットの魅力