「好きなことで、生きていく」ことは果してうれしいのかつらいのか、暮らしの代わりについて

YouTuberというコピーが今となっては人並みになりつつあります。
そのYouTuberの営みを表したコピー「娯楽で、生きていく」は誰しもが一度は聞いたことがあると思います。

娯楽、はほとんどですが、サウンド品評や決戦実況など、元々好みですものを表わし、
好みから必須として行くものを「娯楽で、生きていく」というふうに表したのだと思います。

言葉尻だけ聞くと面白い行く先が思えるのか、若い人たちでこそ自称YouTuberが増えたのも近頃ではないでしょうか。
ほとんど、自称YouTuberは何となく感じているは思いますが、娯楽で生きていくのはそんなに簡単ではなく、かつ嬉しい産物なのかこんがらがる、ということです。

好みとして行なう営みには勤めはありません。
必須には勤めがあります。
こういう勤めの有無に関わらず楽しめるのであれば、それは娯楽で生きていくことがおもしろいと言えるでしょう。

勤めだけではありません。
仕事とする以上、メインにせよ補欠にせよ、利を生み出します。
それだけで生活できるのは一部の、それこそテレビに出ている自分ぐらいで、1円も獲得できないなんて人のほうが多いと思います。
お小遣いお金程度ですばらしいならいらだちはありませんが、それは娯楽で生きていくという感じのか疑問です。

これはYouTuberに限ったことではありません。
部活などでスポーツをするのとエリートエクササイズでは勤めに大差があります。
エリートスポーツマンが誰しも好きなエクササイズだけできて至福、なんて思っていないと思います。

娯楽を必須にするのは苦しい起用なのかもしれません。
娯楽は好み程度のほうがずっと好きでいられる振舞いの方が多いのです。
でも娯楽を必須にするためには持ち味をずっと考え、始終挑戦できる考えを持つことが必要かもしれません。割のいい楽で時給の高いバイトを探す大学生・フリーター必見